銀座の高級クラブ

  • 小学生が起こした事故で高額の賠償命令

    2013年に起こった事故なのですが、当時小学校5年生の少年が加害者になった自転車事故で、裁判所が9500万円の支払い命令をだしていました。
    自転車で坂道を下っていた際に、62歳の女性と衝突。
    女性は頭を強く打ち、脳挫傷の重症となりました。
    一命はとりとめましたが、意識障害、四肢萎縮の後遺症が残りました。
    被害者側が裁判を起こすと、自転車事故の加害者に9500万円の賠償命令がくだりました。
    一般的な死亡事故よりも高い賠償命令がでたのですが、その訳は将来の介護費が高くなること。
    子供が起こした事故は、子供に責任能力がないので親が責任を負うことになります。
    一般家庭であれば9500万円という大金は用意できるはずもありません。
    火災保険には自転車事故の賠償が保証されるものがあります。
    自転車を乗る人は一度確認しておいた方が良いと思います。
    それでは今日はこの辺で失礼します。