銀座の高級クラブ

  • オリンピック開催地でノロウイルスが拡大中

    先日、平昌オリンピックの警備員がノロウイルスに感染し、警備員1200人を隔離したと報道されていました。
    しかしその後もノロウイルスの被害が拡大しているようです。
    現在は警察官や記者団へ感染が拡大、1000人以上が症状を訴えています。
    また会場の周辺で働くボランティアスタッフからは信じられない証言が・・・
    「ボランティアスタッフ1300人に与えられた洗濯機はたったの7台」「これではまるでノロウイルスの培養室」「私たちは実験台か?」などという声が上がっています。
    さらに平昌オリンピック組織委員会が検査を手抜きしていたようです。
    組織委員会は被害の報告を受けて「スタッフの検査を行い、ノロ対策を実施している」と説明していましたが、実際にはスタッフの検査を実施していなかったことが判明しました。
    最初のノロウイルスの感染ルートが水道水ということですから、水道水が汚染されているようです。
    ボランティアはシャワーも飲水も汚く、トイレは詰まり、ゴミ箱もないと嘆いていました。